ほとんどクレジットカード!デビットカードという選択

クレジットカードを持っているか否かで大きな違いがある

クレジットカードを持っている人と持っていない人の間にはある程度の格差が存在しているといえます。その格差ゆえに、クレジットカードを持っていない人が持っている人と比べて損をしてしまうことも珍しくありません。たとえば、インターネットで商品を購入する場合ですが、クレジットカードで代金を支払うなら手数料がかからないのに、カード以外だと銀行振り込みやコンビニ払いなど、手数料を負担させられる支払い方法しかないことがあります。
また、サービスの料金を払う場合、決済方法がクレジットカードに限定されていて、クレジットカードを持っていないとサービスそのものを利用できないこともあります。たとえば、格安SIMサービスがそうです。

デビットカードならクレジットカードの利点を使える

クレジットカードを持っていないと損をするとわかっているなら持てばいいじゃないかと考える人は多いでしょう。しかし、そう簡単ではありません。クレジットカードを利用するためにはカード会社の審査を通る必要がありますが、どうすれば審査に通るのかという情報は公開されておらず、いくら申し込んでも発行を拒否されてしまう場合、打つ手がないのです。
しかし、そういった人でもデビットカードなら持てる可能性が高いので、カード決済を行いたいならデビットカードを申し込みましょう。クレジットカードブランドと提携しているデビットカードの場合、使い勝手はほぼクレジットカードといってもよく、利便性は多少劣るものの、オンラインでカード情報を入力すればすぐ決済できるといったメリットはそのままです。

コンビニの決済代行を導入すると、紙を使わないため書類を発行して送付する経費を削減することができます。